(重要)静岡お茶OWS大会より緊急安全対策を実施致します

2016年のNOWS主催大会にお申込みを頂いている皆様、特に6月19日開催のNOWS主催事業静岡お茶OWS大会2016にお申込みを頂いている皆様に、重要なご連絡となります。大変大きなご迷惑をおかけしますこと、まずは深くお詫びいたします。

過日実施致しました石垣島OWS大会2016のリレー種目で途中棄権が1名発生いたしました。その原因について分析を一般社団法人NOWS事務局内安全WGで行ないましたところ、過去全大会で一般的に波の高くなりやすい午後に、泳力の低い選手が出場する可能性の高いリレー種目が実施されており、泳力が低い選手が泳ぎにくいコンディションで泳ぐという安全面からみて不適切な状況の起こりやすい順番で、タイムテーブルを組んでいることが判明しました。昨年の事故発生原因検証時に、このタイムテーブルの作りかた由来の問題点を見逃し、引き続き沢山の初心者の皆様をリスクのある状態とさせてしまっていたこと、安全WGとして心より深くお詫びいたします。

タイムテーブルの作り方に問題があるのであれば、早朝にリレーを開催することで泳力の低い方には比較的泳ぎやすい時間帯で泳ぎ切って頂き、泳力のある長距離種目の方に遅い時間で泳いでいただく順番に変更したほうが、参加者全体の安全性が向上すると安全WGで判断し、理事会に上程、本日NOWS緊急理事会にて了承を経て、全大会のタイムテーブルを緊急調整致させて頂くこととなりました。この発表後、順次各大会の要項ページ、および大会FBページを通じまして参加される皆様へ、新しいレース時刻予定につきましてご案内を致します。なお、静岡お茶OWS大会2016のタイムテーブルは下記のPDFファイルをご確認ください。

P1_静岡お茶タイムテーブル
P1_静岡潮汐表・想定済事例

スポーツエントリー等、関係するサイトでは更新が反映されるまでにお時間いただくこと、心よりよりお詫びいたします。

なお、今回の反省を踏まえ、安全WGにて海で開催する大会の日程・スケジュール作成に関する基本ルールを以下のように定めさせて頂きました。静岡お茶OWS大会2016から適用してさらに安全・安心で楽しいOWS大会運営を行わせていただきたく存じます。皆様のご理解を頂きますよう、どうぞよろしくお願い致します。

海で開催する大会の日程・スケジュール作成に関する基本ルール

(1) 短い距離の個人種目、および短い距離からなるリレーはOWS初心者が参加してくる可能性が高いことを踏まえ、波が穏やかな早朝にこれらの参加者の多いレースを行い、その後泳力の高い選手が出場する長距離種目を配置すること。
(2) OWSは天候環境によって、スタート時刻を前後変更する場面が多く発生する。それを踏まえ、スケジュールを細かく定めることはせず、開始順のみを示すこと。時間を示す場合にも、完全に環境がよければこれで行きます、という条件付きで示し、大幅な前後移動も起こり得ることの周知徹底を図ること。開会式には必ず会場にいることを周知徹底すること。当日の朝にどんなスケジュールが公表されても対応できる体制でいることがOWS参加者の心構えとして常識となるように、参加者教育を行っていくこと。
(3) 会場特性、とくにサンゴ等で遠浅の会場では、潮の影響を大きくうけるので、日程を何月の何週目のように定めず、毎年最も安全な環境で参加者が泳げることを確認して最適な日取りを選択すること。
(4) 必ず該当日の潮汐表を要項・プログラムに掲載し、安全上問題がないことを参加者に周知すること。

以上

一般社団法人NOWS 理事長 中村 康英、理事会一同


Comments are closed.

You must be logged in to post a comment.